紫外線対策を食べ物で行う

紫外線対策を食べ物で行う

紫外線対策を食べ物で行う

紫外線対策を食べ物で行う

紫外線対策と言うと、外側からのケアが思い浮かぶものですが、実は体の中からも出来るのです。その方法が、食べ物で紫外線対策をするということです。食べ物に含まれる栄養分によっては、紫外線によるダメージを回復したり、改善したりすることが期待出来ます。

 

では、紫外線対策が出来る食べ物とはどんなものなのでしょうか。

 

まず、一番に挙げられるのが、ほうれん草や小松菜、人参、モロヘイヤなどの緑黄色野菜です。緑黄色野菜には、βカロチンがたっぷり含まれてます。βカロチンは、紫外線を浴びることによって生成される、活性酸素を無害化する効果があります。活性酸素が無害化されることで、メラニン色素の発生を抑制してくれるので、シミなどを防ぐ事が出来るのですね。

 

次に、是非摂取したいのが、レモン、ブロッコリー、いちご、ピーマンなどです。これらの食べ物に共通しているのが、ビタミンCを豊富に含んでいるということです。ビタミンCは、紫外線によるあらゆるダメージに働きかける効果があります。

 

活性酸素を除去する抗酸化作用、代謝を高めるビタミンE合成促進作用、メラニン色素還元作用、メラニン生成抑制作用などを持っています。ですから、ビタミンCをたくさん摂取出来る食べ物を食べることで、紫外線によるダメージの回復をサポートすることが出来ます。

 

また、亜鉛を多く含むレバーやうなぎ、かきなどを摂取するのもいいですね。亜鉛は、皮膚の抵抗力を高めてくれるので、紫外線に負けない肌作りをすることが出来ます。