紫外線から目を守る

紫外線から目を守る

紫外線から目を守ってシミ予防

紫外線から肌を守るために日焼け止めや日傘に頼りがちですが、実は目からも紫外線が吸収されることをご存じでしたでしょうか。

 

たとえ日焼け止めをしっかりと塗り日傘で紫外線を防止しているつもりでも、地面に反射した紫外線が目に入り、それによってメラニンが生成されてしまうことがあります。
メラニンが多量に作られると日焼けやシミの原因になりますので、日差しが強い春から夏にかけては、UVカット加工になっているメガネやサングラスを使用するようにしましょう。

 

また極端にグラスの暗いサングラスは、グラスの隙間から入ってくる光によって却って目を傷めてしまうことがあるため、薄く色のついたサングラスを使用することをおすすめします。
またSPFの高い日焼け止めを一度塗るよりも、SPF25程度の日焼け止めをこまめに塗る方が紫外線防止に有効だと言われています。

美白を目指す紫外線対策

スキンケアイコール美白ケアといっても過言ではないくらい、白くて透明感のある肌は女性の憧れの対象ですね。

 

美白を目指すときに一番気をつけたいのが、シミの原因にもなる紫外線です。
私は朝、カーテンを開ける前に洗顔と保湿をすませてUV効果のある化粧下地を塗ります。

 

窓から射し込む日差しにも紫外線はかなり含まれているので注意が必要です。
UV加工がされているカーテンにするのも良いですね。

 

あまり知られていないかもしれませんが、目からも紫外線は入ってきます。
目に紫外線が入ると脳がそれを感知してメラニンを生成してしまい、肌が黒ずんでしまうのです。
外に出るときにはサングラスを着用したり、UV効果のあるコンタクトレンズを着けると良いですね。